霊感が無くても占い師にはなれる!?

占い師は誰でもなれる職業なのか?霊感がないとなるのは難しい? - 本当に求められるのはカウンセリング力

本当に求められるのはカウンセリング力

占い師というのは霊感や特殊な能力を持つ人だと思っている人もいるでしょう。
しかし、実は多くの占い師が有名な占い師のもとで修業したり専門学校や独学で勉強してデビューしているというと驚く人も少なくないのではないでしょうか。

霊感がなくても占い師になれる

占いをする際に霊感や特殊能力は必要ありません。
もちろんそれらは大きなメリットとなるでしょうが、現在占い師として活躍している人たちの中に人の過去や未来を視ることのできるほどの強い霊感や能力を持つ人はどれほどいるでしょう。
特にタロットやカード占い、四柱推命、手相といったものは特殊能力よりも知識と判断力が重視されます。
こういった占いはたくさんのデータから導き出された結果があるので、それをどう組み合わせるかが重要なポイントなのです。
したがって、霊感などがなくても占いはできるのです。

本当に求められる占い師のスキルとは

むしろ占い師に求められるスキルというのは「カウンセリング力」なのです。
占い師のもとを訪れる人は皆、何らかの悩みや迷い、葛藤を抱えています。
それらを相談する相手がいない、また相談したけれどもいい解決策が見つからないといったことから占い師にアドバイスをもらいたいとやってくるケースが多数みられます。
相談者は占い師から、適切・的確なアドバイスや解決法を提示してもらうことを求めています。
ただ占いの結果を相手に伝えるだけなら、生年月日や名前を入力して占うコンピュータ占いでもやってくれます。
相談者の話に親身に耳を傾けて、たとえば占いの結果がよくなかったとしてもその結果を踏まえてこれからどうするべきなのかといった対処方法や解決法をアドバイスすることが優れた占い師なのです。
人との接し方や話し方などからコミュニケーションスキルを磨き、カウンセリングする力を身につけることが霊感や特殊能力よりも占い師に求められる「能力」なのです。

関連する記事