霊感が無くても占い師にはなれる!?

占い師は誰でもなれる職業なのか?霊感がないとなるのは難しい? - 占い師への道はまず始めることから

占い師への道はまず始めることから

占い師という職業は非常に特殊で誰でもなれるものではないと考えている人は少なくないでしょう。
確かに人の過去を言い当てたり将来を見通したりされたら何か超能力や霊感でも持っているのに違いないと思うのも当然かもしれませんね。
けれども、多くの占い師は特殊能力など持たない「普通」の人たちがほとんどなのです。

占い師に必要なもの

現在職業として占いを行なっている多くは、著名な占い師のもとに弟子入りしたり占いの専門学校で勉強をした人たちです。
そこで技術やノウハウを学んでから、占い師デビューをしているのです。
占い師になるためには特に資格や免許、免状などは必要ありません。
本人が「自分は占い師です」と名乗れば、その時点で占い師が誕生するのです。
占いの学校や養成講座などでは認定証などを発行しているところもありますが、特に持っていなくても開業はできます。
占い師として働くときや占いサイトなどで占い師を募集している際にそれらの書類があったほうが優位かというと、さほど関係はないでしょう。
もちろん何も勉強していない、占いの経験もないというケースよりは影響を与えるかもしれませんが、占いはおさんとの信頼関係が非常に重要です。
それを築くための努力、そして占いの質を高めるための研鑽や勉強などができる人のほうが将来占い師としてやっていく際には好ましいといえるでしょう。

やってみなければわからない

またどれくらいの期間の勉強が必要だろうかと考える人もいるかと思います。
しかし資格や合格ラインといったものは存在しないので、何カ月、何年勉強すれば占い師になれますということはできません。
はっきり言って、現在占い師として仕事をしている人たちにおいても、技術レベルはいろいろです。
とはいえ、一通りの勉強を終えて自分で納得できるだけのスキルが身に着いたと思えるようになったなら、占い師として歩み始めてもいいのではないでしょうか。
占い師は特殊な人たちではありませんが、占い師という職業は多少一般的な仕事とは異なります。
占ってもらう人が占い師に求めるものはさまざまですから、実際にデビューしないとわからない点もたくさんあるのです。

関連する記事