霊感が無くても占い師にはなれる!?

占い師は誰でもなれる職業なのか?霊感がないとなるのは難しい? - 占いではコミュニケーションをも求められる

占いではコミュニケーションをも求められる

世間には占い師というのは能力や霊感などを持つ「特殊な人」だという認識を持っている人も少なくないようです。
けれども実際にはそのような能力や霊感などを持たないでも占い師として成功している人もたくさんいます。
はっきり言って、占い師になるのにそんな「特殊な人」である必要はないのです。

霊感を持つ占い師でさえも

もちろんそのような能力や霊感などがあったほうが有利に働くこともあるでしょう。
インターネットの占いサイトなどで占い師を募集している場合でも、霊感を持っている人が求められることもあります。
しかし、霊感がなくても占いという職業に真摯に向き合って努力を積み重ねることで優秀な占い師になることもできます。
また、生まれつき霊感や特殊な能力を持っていて占い師になった人でも、それらに頼りっきりで仕事ができるわけではありません。
霊感や特殊能力だけで人の人生を判断できることはないのです。
いろいろな占術を勉強して自分の持つ霊感と併せ活かしている人が多く、そしてまたそのような努力が求められる仕事なのです。

占う相手も同じ人間

いくら霊感が強くさまざまなことを判断できても、それを相手にしっかりと伝えられなければ占い師としての存在価値はないのです。
悩んでいる人や困難な状況にいる人、さらには人生をあきらめようとしている人に適切なアドバイスを与えたり、希望を持たせて立ち直らせることは簡単ではありません。
また、占いの結果がすべていいものであることもないでしょう。
そんな時でも、結果を相手にうまく伝えどうすればいいのかといった対処方法をアドバイスできるのが優れた占い師なのです。
これは特殊能力や霊感があるだけでできることではありません。
相手の気持ちを考え、占いの結果に合わせて適切なコミュニケーションを取ることができる能力をもが占い師に求められるのです。

関連する記事